兵庫・姫路市の針灸治療院 山下針灸房
施術例

風邪による発熱~的確な処置で翌日には平熱に

1024発熱

発熱

往診中に、妻より愚息が発熱の連絡あり。

どうも風邪をひいて発熱をしている模様。

常備薬の麻黄湯エキスを飲むように指示をするが、帰宅するまで熟睡の為、飲んでいない模様。

治療1 ~表熱をとり、営衛の調和


気色:眉毛との間にやや赤みがあり。

脈:1息6至、浮緊数。

背候診:風門、身柱、肺兪、大椎。
    体全体に熱いが汗をかいた感じはない。
治法:表熱を解熱していく。

1時間おきに3回、銀のはりで解熱をしていく。

翌朝、平熱に36.5℃に戻るが、学校は休ませる。
気色、脈、背部の熱感とともに、平常に戻る。

治療法:営衛を整える処置を銀の鍼で行う。

治療2 ~肝の熱をとる


10時頃より、ご機嫌でテレビを見始める。

これがいけません、この愚息は全く学習能力がありません。

案の定、夕方より発熱し始める。

このまま、放っておこうと思いましたがかわいそうなので治療を開始。

脈:1息5至。あまり浮かず、緊数やや弦が入る。

治法:肝の内熱が表の熱を再び起こした模様。
   2時間おいて2回、銀の針で肝の熱を納めていく。
   
早朝には余熱がのこるが、朝8時には平熱に回復、今日はテレビ禁止。

私が、師蓮風にお世話になっていたころは、清熱(せいねつ)をするテクニックは刺絡(しらく)といって血を出していましたが、今では苦痛を与えることなく、銀の針の当て方、あてるスピードで熱をとる技術を習得するできました。
 これでも熱をとりきれない時は、躊躇せずに刺絡(しらく)をすることもあります。

 インフルエンザ、風邪、発熱後の養生のお約束
 1.翌日は、テレビ、スマホ、ゲームの禁止。
 2.油もの、乳製品の発酵食品、濃い味付けもの、消化の悪いもの禁止。
 3.過度の運動は禁止。汗をかきすぎない。
 4.充分な睡眠。
 5.体の保温。 
 



兵庫県姫路市山下針灸房
主人 山下雄司


コメントを投稿する




CAPTCHA