兵庫・姫路市の針灸治療院 山下針灸房
施術例

小児発熱 男児

男の子 2歳

当院のちいさい常連さんです。

 

久しぶりのご来院です。

 

主訴は、風邪、鼻水(透明ダラダラグズグズ)。

 

大便、小便は通常を変わりありません。

 

からだのチェック

顏色は艶があるので、そう心配はありません。

 

お腹は、みぞおちのあたりとおへその周りに冷えがあり。

 

脉診はしていません。

 

処置ツボは、腎兪に古代鍼・銀鍼で触れる程度。

 

3日後に来院。

鼻水のみ、残る。

お母さんが中耳炎を心配されています。

処置は同上

 

4日後、翌日。

電話にて小児科にて「溶連菌感染症」と言われたのですが…。心配で来院。

症状は、鼻水の量は減少するが、粘りあり、少し黄色くなる。

のどが少し赤くなっているらしい。

発熱はなし。

すこぶるご機嫌は良い。

体表観察は、舌尖紅刺ややあり、舌根部の苔がいつもより厚し。

処置は腎兪と手十井穴。

 

翌日には、鼻水消失、のどの発赤消失、発熱無。

 

針灸房のツボ

スッキリとしなかったのは、風邪を冷えと判断してしていたが、のどの発赤は上半身に熱が少量でもある証拠なので、この熱をきっちりと処理をしないと快方にむかわない。

病院でのどのわずかな炎症をみつけてもらえてのが、快方に向かった要因であろう。

これからは、インフルエンザに要注意、早くに適切な処置をするのが一番ですよ。

֘AL͂܂B


コメントを投稿する




CAPTCHA