兵庫・姫路市の針灸治療院 山下針灸房
施術例

タクロリムス卒業~着床障害による不妊症~


 
 
一度目の体外受精は結果がでず、育卵鍼灸・着床鍼灸の併用をご希望されての来院。

 

カウンセリングの時から、「今度はなにがなんでも」とのご希望で、Th1/Th2(CD4)比率をはじめとする着床不全・不育症の検査をお勧めして、プロテインS活性・プロテインC活性・Th1/Th2(CD4)比率がみつかり、ヘパリンとタクロリムス(プログラフ)で対策をしていだき、2回目で成功し、現在7週目で胎嚢確認・心拍の確認まで確認ができています。
 

このまま順調に育つことを願っています。
 

また、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)にもかかわらず、育卵鍼灸を併用することで8子の胚盤胞を育てることができています。
 

針灸房のツボ

「なぜ着床しないのか」
今回のクライアント様は、一度目の移植で結果が出なかったために、できうる検査をすべてやっていただきました。
 
また、このクライアント様は同じ施設、同じ採卵法の同一条件で、育卵鍼灸でサポートする前と後の比較をすることができます。今回の場合、明らかに採卵成績があがり良好な胚盤胞が獲得できています。
 
不育症対策をしていただき、育卵鍼灸・着床鍼灸でサポートできた症例となります。
 

着床障害による不妊症

〇●〇●様 28才 姫路市在住。
 
職業:医療系パート。
 
H30.01.12 初診
 
主訴:挙児希望。
タイミング方法、薬物療法、人工授精(AIH)(3回)、体外受精1回。
セキソビット、クロミット、レトゾール、フェマーラなどの薬剤は効果なし。
H29.9 採卵。
H29.11  体外受精 陰性。
H30.01  採卵。
H30.01  不育検査。
H30.2  Th1/Th2比率検査。
H30.3  体外受精  陽性。
 

不育検査

プロテインS活性 33%
プロテインC活性 133%
Th1/Th2(CD4)比率  12.0
 

精液検査

精子量5.2ml 総精子濃度54.0×106/ml 運動率47.2% 運動精子濃度25.5×106/ml 奇形率50% 直進率39.8%
 

育卵鍼灸前後の採卵比較

H29.9 アンタゴニスト法  採卵数4個 受精卵数2個 胚盤胞1子。
H30.1 アンタゴニスト法  採卵数15個 受精卵数13個  胚盤胞8子。
 

手術歴

H28.9 腹腔鏡下卵巣多孔術(LOD、Laparoscopic Ovarian Drilling)
通称ドリリングをおこなう。
 

効果のあった療法

育卵鍼灸 着床鍼灸と低出力レーザー(スーパーライザーH2200)の併用。
 

初回カウンセリング

女性カルテ
初潮 13~14才。
周期 不定期遅れがち。
高校生までは30日。
大学生のころは60日。
20才時にストレスがかかり5か月来なくなり、これ以降結婚するまでピルを服薬。
期間 22才まで6日間。以降は4日間。
塊  有 小豆大のレバー状がボっと1個出る。たまにドロッと大きめが出るときあり。
痛経 1~3日目
下腹がチクチクかズーンと痛い。腰痛、臀部痛。
生理前の症状 便秘。
生理前から生理中の症状  眠気、体のだるさ、疲れやすい。
生理後の症状 終わればスッキリする、体が軽くなる。
オリモノ
排卵前はサラサラで色は透明。排卵後は量が多くなる傾向。
白濁、粘り気が有り、量が多い。臭い痒み無し。

飲食 1日3回。8分目を意識している。
夜間の食事はたまにお菓子を少量。
飲み物は温飲を好む。
水分量はお茶を1リットルくらい。カフェイン類は現在中止。
二便 2~3日に1行。精神的緊張で便秘する。外では大便はできない。
1日に8回。冬場になると夜間にトイレが1回。
汗 手掌と足底にかきやすい。
20才くらいからドライアイになりやすい。
睡眠
11時~7時の8時間は寝る。15分くらい昼寝をする。
 
その他
最近髪の毛が抜ける。
白髪が増えた。
寝違いを起こしやすい。
肩がこる。
あくびが出やすい。
目が乾燥する、疲れる。
花粉症がある。
腰が痛い。
よく風邪を引く。
 

血縁の病歴

心臓疾患、糖尿病、バセドウ氏病。
 

体表の観察

気色:白青黄、腎肝脾肺。
舌:紅舌舌尖紅刺薄白胖嫩舌。
脈1息3至 滑弱枯 右尺位弱し。
経穴診:太溪、太衝、太白、衝陽、京骨、神門、合谷、太淵、脊中、接骨、懸枢、命門、肝兪、胆兪、脾兪、腎兪、気海兪、大腸兪。
腹診:天枢、左小腹、大巨、脾の募。
証:腎の気陰両虚、肝脾不和。


コメントを投稿する




CAPTCHA