兵庫・姫路市の針灸治療院 山下針灸房
施術例

逆子(第1横位)


 

逆子(第1横位)

 

29才 女性
 
28週目検診にて、26週目と変わらず「左頭位で骨盤に背中を向けている状態」(第1横位)と説明をうける。
 
30週に入る前に当院に受診される。
 
4日後の検診にて、「頭位に戻っている」
 
メールにてご連絡をいただき、治療を終了とする。
 

その他の症状

26週頃より、トイレの回数が増える。でもトイレに行ってもあまり出ない時もある。
 
26週頃より、昼間、食後の眠気を感じる。
 
27週頃より、夜間、トイレに1回行くようになる。
 
妊娠中は便通がよくなってきた。(通常は3~5日に1回)
 

針灸房のツボ

カウンセリングと体表の観察の中から、特にお腹の表面の逆子ポイントに緊張でているので、この緊張をほぐすように足のツボに施術を行う。
 
腹部の緊張を緩んだことを確認する。施術の効果を持続させるために足にお灸をおこなう。
 
自宅でしていただく養生を兼ねて、炭酸泉で足浴(10分間)していただいて終了とする。
 
早期に施術ができたことがスムーズにいった要因であろう。逆子は迷わず早期に適切な治療が必要である。週数が経つにつれて難治性が高くなります。
 

効果のあったツボ

鍼:右陽陵泉、右大腰。
灸:右至陰
 

女性カルテ

初潮11歳
周期:28日型
期間:7日
塊:2日目にドロドロのものがでる。
生理痛は、仙骨中心に激痛か鈍痛があり、イブを1日のみ2~3回服用
 

体表の観察

脈1息4~3.5至 やや滑、左関尺顕著。
舌診 淡紅の色あせ。
腹診 張が顕著。
 

整動鍼腹背編

逆子参考:https://hugooo.jp/middle/post-35637.html


コメントを投稿する




CAPTCHA