兵庫・姫路市の針灸治療院 山下針灸房
施術例

股関節・ソケイ部から下腿にかけてシビレを伴う腰痛


女性 40代

初診日

 2017年10月14日

腰痛

腰痛でご来院。

腰部、右股関節、右ソケイ部から下腿かけてシビレ、引きつり、だるさがある。

  1. 寝ているとき。
  2. 座っているとき。
  3. 等に、痛みがつよくなる。

 

腰の動作確認

前屈、後屈、側屈の順で動かしにくさがある。

側屈にて下腿側面のシビレ・ひきつりの違和感がある。

上を向いた状態で寝転んで起き上がるときに、腰部、ソケイ部に痛みを感じる。

 

最初は上向きと下向きに寝れない状態だったので、座位にて頚椎から胸椎までの反応と肩甲骨の動きをチェックしていく。

最初に足首のツボをつかい起き上がる動作はややマシになる。

さらにふくらはぎのツボを使って腰の痛みはマシにはなるが、スッキリとはしない。

足の甲のツボのアプローチをすると動作痛みともに10から2に変化して、処置を終わる。

動作と症状から3経絡にまたがる複合系の痛みと推理をする。

中医学では、腎虚と肝鬱気滞とみる。

動かして痛みがあるのは動かしてはいけないサイン、スムーズに動くようになれば痛みは自然とおさまっていく。スムーズに動きが取れることを第一の目標とする。

後日、再発のしていないことを確認して終了とする。

 

効果のあったツボ

申脈 築賓 飛陽 中腰

 

#姫路市 ♯鍼灸 #整動鍼 #腰痛 #シビレ #鼠径部痛 #ソケイ部 #股関節痛 #だるさ #ひきつり #腎虚 #気滞

֘AL͂܂B


コメントを投稿する




CAPTCHA