兵庫・姫路市の針灸治療院 山下針灸房

高濃度炭酸泉について

炭酸泉とは

炭酸泉とは

「炭酸泉とは炭酸ガスが溶け込んだお湯のことです。針灸房では、「治療効果を得るための必要な炭酸ガス濃度は1000ppm(水分1㍑中に1000ppm)以上」と評価されている高濃度炭酸泉を使用しています。また、ドイツでは炭酸泉のことを「心臓の湯」と呼ばれるくらい、循環器病の治療やリハビリに使われています。イタリアでは美容にも使われています。

血液循環がよくなる

炭酸ガスが皮膚から浸透しすみやかに毛細血管が開き、血液循環をよくする働きがあります。血管機能の改善や基礎温度が高くなり、冷え性の改善になります。

⇒血行障害の改善

⇒血圧の改善

リラックス効果

血液循環がよくなると、新陳代謝が高まり、乳酸・疼痛物資・老廃物などの疲労物質を効率よく排泄し【デトックス効果】、自律神経(副交感神経))にも作用し、心身の緊張を開放します。また副交感神経は消化活動にも働きかけます。

⇒疲労回復、疼痛緩和

⇒睡眠の改善

⇒免疫力のアップ

美肌効果

人肌にやさしいph4.6~5弱酸性で【アストリンゼン効果】で肌を引き締め、美肌効果を促します。また、一部の人には『喜ばしい』効果として、頭髪の発毛や黒化が起きることが知られています。

適切な温度である38~40℃での炭酸泉温浴は、疲労回復、筋肉痛・関節痛・腰痛などの疼痛緩和、高血圧症、動脈硬化症ASO(閉塞性動脈硬化症)アトピー、リウマチに有効とされています。 その他、リラックスをもたらす副交感神経優位の体調に導き入れることで、免疫力アップ(リンパ球の数・割合の上昇および活性化)が期待されます。

炭酸泉は免疫力を高め自然治癒力を引き出し、大概の病気にプラスに働くと考えて大きな間違いはないと思います。たくさんのメリットがありながら副作用がほとんどないのは炭酸泉ならではなのです。