兵庫・姫路市の針灸治療院 山下針灸房
針灸房コラム

体外受精は、妊娠中・出産のリスクが自然妊娠よりも上昇する?

「体外受精は、妊娠中・出産のリスクが自然妊娠よりも上昇する」と論文を両角レースクリニックの両角和人先生が ご紹介されています。

2015年までに報告された論文を基に分析しています。

体外受精群は161,370例。

自然妊娠群は2,280,241例。

結果

体外受精群での妊娠は自然妊娠群と比較し、それぞれの妊娠合併症のリスクは上昇し、その相対リスクは以下の通りになりました。

妊娠高血圧症:1.30

妊娠糖尿病:1.31

前置胎盤:3.71

胎盤早期剥離:1.83

出血(分娩前):2.11

出血(分娩後):1.29

羊水過多症:1.74

羊水過少症:2.14

帝王切開:1.58

早産:1.71

早期の早産:2.12

低出生体重児の分娩:1.61

周産期死亡:1.64

先天奇形:1.37

Assisted reproductive technology and the risk of pregnancy-related complications and adverse pregnancy outcomes in singleton pregnancies: a meta-analysis of cohort studies

Fertil & Steril January 2016Volume 105, Issue 1, Pages 73-85.e6

体外受精の妊娠は、ハイリスク妊娠で妊娠中に様々な産科的合併症を起こしていることが多いようです。
また、出産はNICUなどの設備の整った施設で出産されることをお勧めします。

マタニティ期間は、より十分な健康管理とお体のお手入れが必要になると思います。

妊娠高血圧症、妊娠糖尿病、胎盤早期剥離、羊水過多症、羊水過少症、帝王切開、早産、低出生体重児などは、鍼灸、漢方でサポートし、スムーズにマタニティの期間を過ごしていけると思います。

兵庫県姫路市山下針灸房 代表山下雄司


コメントを投稿する




CAPTCHA