兵庫・姫路市の針灸治療院 山下針灸房
針灸房コラム

卵があらわれてるとき~採卵成績が上がるタイミング

 

卵があらわれてくるとき

当院の早発閉経のクライアント様のお話。
 
「冬になると卵がでてくるからね」
 
とお話をすることがあります。
 
人間も動物です。自然の中で生かされています。
 
これから春にむけて、哺乳類の多くは妊娠・出産を迎える季節です。
 
1月末早朝には、小生の相棒(レイ&メル)と散歩中に、野良猫の元気な声?が聞こえてくるようになりました。
 
東洋医学的に考えると、12月から4月まで、特に12月1月は生殖器が活発に働くときです。そして季節まで影響をおよぼし活発に働きます。
 
パートナーと仲良くし(非常に大事)適切な不妊治療をうけ、各自からだのケアができていると「卵胞が現れない」「採卵ができない」「卵胞が育たない」などのお悩みは解決できると思います。ただし適切な処置をしておればですよ。
 

早発閉経のクライアント様ともに30でAMH測定不可の方です。

ケース1
昨年1月採卵以降卵胞は現れず、11月より生理が止まるが本年2月に採卵に至る。
 
ケース2
昨年3月初期胚を凍結以降、卵胞は現れず。1月に胚盤胞を凍結に至る。
 

男性不妊なら

男性不妊なら精子の改善、運動率の改善、などなど。
ただし、男性の場合、84日で精子は作られています。女性の卵子と比べて速く作られる精子は非常にデリケートで外的環境に左右されすぐに酸化しすぐに劣化してしまいます。
 
女性の比べて鍼灸からアプローチは非常に効果が上がりますが、反面、女性以上に体のコンデションを整える必要があります。
あと2か月、3月4月期待してやっていきましょう。
 
兵庫県姫路市 山下針灸房


コメントを投稿する




CAPTCHA