兵庫・姫路市の針灸治療院 山下針灸房
針灸房コラム

どうして逆子になるのか?


逆子になる医学的な原因は、まだよくわかっていませんが・・・。
梅雨の季節は、逆子にやりやすいし、また戻りにくいです。

次のようなことが言われています。
・子宮筋腫や子宮奇形など子宮そのものや骨盤の形に原因がある。
・臍帯の長さや絡みつきなどに原因がある 。
・切迫の時や前置胎盤が原因である。
・お腹がいつも張っていると赤ちゃんの動きが制限されている。
・切迫流早産傾向の人は、逆子になりやすく、また直りにくいです。

山下針灸房ではこう考えています。
原因がハッキリしていなら、身体を全体観でとらえる東洋医学は得意分野です。
赤ちゃんが居心地が悪から逆子になっている。
とくに梅雨から初夏にかけては、胃腸と腎蔵にダブルパンチで負担をかけるため、逆子になりやすいです。また戻りにくいです。

どういう状態か
 子宮が硬くなってるから、お腹が張ってくる。

では、なぜそうなるのか?
  

    ・身体の冷え。

  

    ・胃腸の弱り。

  

    ・不安・ストレスなどが原因で体を緊張させている。

  

    ・疲労・睡眠不足などで体が疲れている。

  
たとえば
   おかあさんが仕事や上の子をかまい過ぎて無理をしてしまったり・・・
   おかあさんの心が不安定なので・・・
   おかあさんの気持ちがイライラする・・・、
   甘いもの、油もの、生ものの過食、など。

   すると、「ダメだよ!!」と赤ちゃんが教えてくれるのです。
   その結果が逆子なのです。
   たとえ忙しくても、「あなたは大切な赤ちゃん」という気持ちを赤ちゃんと自分身体に向けることが大事です。


コメントを投稿する




CAPTCHA