兵庫・姫路市の針灸治療院 山下針灸房
針灸房コラム

踵骨はく離骨折

発症翌日の踵


男性 16歳

クラブの練習中に右足首をひねり強打する。

体重をかけられない。

内旋で痛みがきつい。

病院では「骨には異常ない」とのこと。
後に、ごくわずかな剥離骨折が判明。

体表観察

ツボ:肝兪、筋縮、胆兪、膀胱兪。
   D9、D10、竅陰、至陰圧痛。
   ※Dは棘突起骨際。
脈:1息3至右尺位枯弦。
腹:右肝相火、心下。
踵の叩打痛かすかにあり。

【効果のあったツボ】

右D9

【効果判定】

患部の痛みなし。
脈枯弦消失。


コメントを投稿する




CAPTCHA