兵庫・姫路市の針灸治療院 山下針灸房
針灸房コラム

肩痛と胸痛


こんな姿勢がつらいです。


月1のペースで定期的に通われている方が肩と胸の奥が痛いとおこしなられました。

肩の動きは、胸を張る、肩を挙げる動作に大胸筋の奥の方に痛みと違和感があるそうです。

肩の周りの経絡をチェックすると。

【関連経絡】
手太陰肺経、手陽明大腸経が関連している部位が中心となります。

【体表観察】

脈1息3至は、枯弦、尺位に顕著。

足のツボは、至陰、竅陰、第3趾、れい兌に圧痛、トップは至陰。

背中のツボは、D9、D10、L2、L4、肝兪、腎兪、大腸兪、膀胱兪に反応があり。
※Dは胸椎棘突起骨際、Lは腰椎棘突起骨際の略字。

【治療指針】

膀胱経経筋が大腸経に影響したものと考える。
陽脈を調整する。

【効果のあったツボ】

膀胱兪の外方と中内兪

【他使ったツボ】
右申脈、右D10。


治療前後の画像

【針灸房のツボ】

いろいろ考えて、申脈に刺鍼すること10分。

胸の奥の違和感は残る。動きはよくなるが、スッキリしない。

次に、右D10に刺針すること5分。

変化はちょっとよくなるだけ、脉は整ってきているのですが…。

イマイチ、症状が取れません。

思うところがあって、仙骨部の穴処をつかう。

これでスッキリしていただきました。

診たてはあっている(筈?そう思いたい(笑))、でもイマイチ効果がないもの(技術不足)は目先を変えて気の停滞している部分を調整するとスッキリするかもしれませんね。

針灸房の技術改革は、技術の精度を上げること!


コメントを投稿する




CAPTCHA