兵庫・姫路市の針灸治療院 山下針灸房
針灸房コラム

児童発熱

通院中の発達障害のB君6歳

「昨日から発熱38.0℃前後で続いています。」とのこと。

問診・体表観察の所見から、内証発熱と判断し、処置をしいたしました。

「明日には熱が下がっていますからね」と自信たっぷりに…。

次回再診時に、

「あれから、発熱が3日続きました。」とのこと。

よくよく問診をしていくと。
1.元気にはしていました。
2.解熱まで便通なし。
3.よく食べていました。
4.排便後、熱が下がっていく。

食養をされているしっかりされているご家庭なので、解熱まで養生のアドバイスをすっかり忘れていました。

過信するといけません。すみせん。

過食、便秘が続くと、発熱は下がりにくい。

【問診】
寒気:なし。発汗:なし。大小便:普段と変わらず。

【体表観察】

背部のツボは筋縮、肝兪、心兪、神堂、顕著。
脈1息4至弦、緩不足。

【処置ツボ】

手の井穴 銀鍼による接触のみ。

【効果判定】

脈1息3半至、弦が緩む。顏色につやがでる。

子供の解熱の養生のアドバイス
1.解熱するまでは、おもゆ、おかゆを食べる。
 小麦粉製品は、身体を冷やす傾向があるからダメ。

2.水分は必要だが、与えすぎてはいけない。
  陰陽水をスプーンで少しづづ与える。決して、コップで与えない。

3.生もの、冷たいもの、甘いものは絶対にいけない。
  果物、ヨーグルト類、アイスクリームなどの冷たいもの、ジュース、など。

4.便通をつけるように心がける。
 でなくても、おトイレで1日に何回かは挑戦させる。

5.早く寝かせる。

6.目を疲れさせない。
  テレビ、読書、ゲーム機、などの禁止。


関連症例
鍼灸施術0004 発熱
鍼灸施術0007 発熱
鍼灸施術0008 発熱


コメントを投稿する




CAPTCHA