兵庫・姫路市の針灸治療院 山下針灸房
針灸房コラム

我が家にインフルエンザがやってきた

我が家にインフルエンザがやってきた。

 

巷では流行っていますが、久しぶりのご訪問です。

 

インフルエンザや風邪の予防は、

 

1に休養、2に栄養です。

 

1に休養は、睡眠をしっかりとることです。

 

かかってしまったら、いくら忙しくても「あきらめて睡眠をとること」これが一番の早い道です。中途半端に、動いているとインフルエンザや風邪は治るのがおそくなります。

 

2に栄養は、おなかをすかして食事をとること、無理な食事制限は体力をなくします。「免疫力」が落ちるともいいますよね。

それと、ニラ、ニンニク、唐辛子、コショウ、などの刺激物、なども控えてくださいね。

 

それで、我が家はというと、

 

インフルエンザを持ち込んでくるのは、

 

決まって長男坊。

 

16日(土)の朝、

 

「とうさん、頭痛い」

 

と治療所にやってきた。

 

(ある意味、こっちも頭が痛いわ)

 

その時は、脉もかすかにしか浮いておらず。

 

背中も発汗の様子もなく、

 

太陽膀胱経の調節のみで、足太陽にて終了。

自宅に帰らせて、扶正解表製剤を1時間おきに2回。

 

夜、往診中に、

 

「ヨシ、発熱40℃」とメールが入る。

 

辛涼解表製剤を飲む。

 

自宅に帰り、古代銀鍼にて、清熱解毒、滋陰を2時間おき3回。

 

翌日、平熱に戻るが、夕方より微熱。

 

古代鍼にて、清熱解毒、滋陰を1回する。

 

高熱を下げるテクニックは自信があるのだが、

 

「夕方に微熱がのこる」がむつかしい。

 

どうしても、余熱、覆熱の処理の仕方が上手くいかなかったが。

 

やっと突破口が見つかった。

 

清熱よりも解毒を強くやってみる。あと滋陰。

 

これでOK、2時間後には平熱に戻る。

 

翌日、インフルエンザの診断をもらうために病院へ。

 

ドクターは発熱がないので不思議がるが、

 

インフルエンザB型と診断、学校は公休確定。

 

18日(月)、小生がのどに違和感、皮膚がざわざわする。

 

小生は効果の確認のために

 

清熱解毒製剤1/3量と扶正解表製剤を2服す。

 

以降、問題なし。

 


コメントを投稿する




CAPTCHA