兵庫・姫路市の針灸治療院 山下針灸房
針灸房コラム

朝が涼しくなってきたので、朝風呂、足湯をどうぞ!

0914朝シャワー

例年よりも、明け方の涼しくなるのがとても早いです。

七赤金星乙酉月の影響なのでしょうか?

最初は雨が多く、どことなく涼しい。

やっと、湿度が回復して空気が乾いてきました。

疲れた胃腸を回復させ、これから冬の準備のために、朝風呂・朝シャワー・足湯をどうぞ!

朝起きたときに、どことなく皮膚の表面が冷えている、肌寒く感じる。

これを放っておくと、冬場に風邪にかかりやすく治りにくいです。

ごく初期の風邪は腰痛・肩こり等の筋肉の不調を引き起こす要因になります。

朝風呂は、身体のだるさもとれて、スッキリしますよ。

寝ている時の冷えは、その日の朝にとりましょう。

朝のシャワー

朝にお風呂はめんどくさいあなたに、シャワーならできますか?

ちょっと熱めのシャワーを背中に、背骨と肩甲骨の真ん中に、たっぷりかけてください。

これがポイントです。

体の芯から、あったまっていくのわかると思います。
 
そうなれば、オッケーです。

あと全体にシャワーかけて、すぐにお身体を拭いてください。
 
濡れた体は、皮膚の体温を奪います。十分に気を付けて。


毎日続けてもいいんですか?

朝起きた時に、肌寒く感じたりするときは、この時節は毎日続けていただいてもかまいません。

体が温まり緩んできますから、温まった感じがおこればすぐに終わってください。

やりすぎは、身体を回復力を鈍くしますから、ご注意ください。

効能

今から11月中旬ごろまでの期間で、身体特に皮膚を冷やしていると、体が冷えた状態で冬を迎えてまいす。これを予防する必要があります。

風邪の予防、胃腸の回復、腰痛、五十肩、肩こり、冷え症、生理痛、逆子の予防、マタニティ期間のメインテナンスなどなどいろいろあります。


朝風呂・あし湯のやり方を詳しく説明しています。
あし湯のやり方は
あし湯のすすめ
朝風呂の入り方は
朝風呂のススメ
寝冷えに朝風呂
ご覧ください。

次回に、
風邪をひいたときの喉の痛みをやわらげる足湯のやり方をご紹介します。

責:山下針灸房 山下雄司


コメントを投稿する




CAPTCHA