兵庫・姫路市の針灸治療院 山下針灸房
針灸房コラム

インフルエンザとスマホ

目の使い過ぎは体力を消耗させる

インフルエンザ

18歳 男性 高校生 姫路市
風邪気味とのこと。
肩こりのほかは特筆することなし。

1診目

【体表観察】
脈1息4至。浮緊。
腹診:心下の冷え、顕著。
ツボ:身柱、大椎、風門、肺兪、冷え。腎兪、大腸兪、虚。
【効果のあったツボ】
申脈、外関、三焦兪。

2診目

インフルエンザはよくなっているが、腹痛がある。
【体表観察】
脈1息3半至。やや滑。
腹診:心下わすかにあり。
ツボ:1診目の反応は減少。
【効果のあったツボ】
手十井穴 置鍼10分。

3診目

翌日より発熱、病院にて「インフルエンザ」の処置をうける。
2日後に来院する。症状変わらず。

 2診目と同様の処置をおこなう。
 脈1息3至、緊がゆるみ。治療を終える。
 後、快方に向かう。

針灸房のツボ

養生で「ゆっくり休むように」とアドバイスをするが、
体は休めていたがスマホをいつもと変わらないくらい使っていてた。

目の使い過ぎは、肝血(かんけつ)を消耗する

 目の使い過ぎ(疲れ目)は、東洋医学では肝血を消耗させます。
 病気をキッチリ治すなら、目の使いすぎないようにご注意ください。
 スマホなどのタブレットの使用は、厳禁である。
 


コメントを投稿する




CAPTCHA