兵庫・姫路市の針灸治療院 山下針灸房
針灸房コラム

夏バテ予防に朝風呂を

0710朝風呂

長湯は禁物

朝風呂


夜も、クーラーを入れて寝ないと寝苦しくなってきています。


とはいうものの、明け方の気温はあまり上がっていません。


朝起きて、皮膚が冷たく感じるようなら、寝冷えをしています。


早朝の皮膚の冷えは、その日にとりましょう。


朝風呂をお勧めします。


あらたに、お湯を入れなおす必要はありません。


前夜の残り湯を温めなおすだけで充分です。


でも、「そんなんイヤ」。と思う方は、新たにお湯を入れください。


お風呂の温度は 38℃~40℃でくらいが目安です。


お風呂に入って、皮膚が温まってくると、


「身震い」が起こると思います。


これでオッケーです。


これ以上、温まる必要はないので、シャワーで体全体をかけ湯で洗い流して上がってください。

シャワーで


お風呂が面倒な方は


シャワーで肩甲骨の間くらいを少し熱めの温度のお湯をかけてください。


そうすると、身体の中から温まってきます。


あとは、全身にサッとシャワーをかけてください。


これでも十分です。


夏バテ、寝違い、ぎっくり腰の予防にいいですよ。

癸未九紫火星月


先月は水と火の戦いで水の作用が強く雨が多かった。


では、今月は陰の水と土の戦い、蒸し暑くなりそうです。


熱中症にご注意ください。


急激に温度が上がり、湿度も上昇し、胃腸を傷め、腎の臓に負担をかけていきます。


水分補給は必要ですが、


冷たいもの、必要以上に水分はとらないようにこの塩梅が難しい。


コメントを投稿する




CAPTCHA