兵庫・姫路市の針灸治療院 山下針灸房
施術例

運動会の練習で捻挫

右足首の捻挫

いつもお母さんと一緒にお越しになる姉妹のお姉ちゃん。

3日前、運動会の練習で右足首を捻ったらしい。

すっきりしないので、一度お願いします。

 

湿布をはずして、正常な左足を観察して動きをチェックしていると、「痛い方こっちやで」

と教えてくれる。

「そやね」と言いながら、右足首をチェックして、施術に入る。

お母さんの施術で見慣れているとはいえ小学年生なので、膝辺りに銀の触れる鍼をおこなう。

「どう?足動かしてみて」

「ん?、痛くない」

「じゃあ、今度はジャンプしてみて」

(立ってジャンプする)

「痛くない」

そのあと、筋腱を安定させるために背中(T9-1)に鍼をおこなう。

「はい、おしまい」

 

 

右足関節の状態

腫れややみてあり、熱感あり。

関節の動きは、内側に捻る、足の甲をそらして痛みあり。

足首に体重をかけると、痛みあり。

 

体表の観察

特に気になるところはない。

 

見立て

足少陽胆経の異常

 

施術

腓骨と足関節の関係を利用する。

熱感はあるが強度の炎症でないために、筋腱の調節をする。

銀鍼で接触のみ。


コメントを投稿する




CAPTCHA