兵庫・姫路市の針灸治療院 山下針灸房
施術例

不妊治療【28歳・女性】

不妊治療【28歳・女性】

週2回の施術で63診目・2度目の人工授精で受胎を確認

今回は、人工授精により長男と長女を続けて出産された方の症例をご紹介します。

クライアントのプロフィール

28歳・女性 155cm/70kg
結婚から1年が経過も子宝に恵まれず、産婦人科にてタイミング療法、投薬治療をうける。その後、当院で不妊治療を開始。

既往歴

幼少期に腎炎。
扁桃腺炎を繰り返したため、扁桃腺を切除。

カルテ

初潮/13歳。
月経/26日~32日。
期間/5日。
塊/500円玉位でレバー状態。
痛経/経前~経中2日目まであり、塊が出て収まる。
おりもの/淡黄からやや黄色、粘りがあり。
排卵/基礎体温表では?

その他の症状

風邪をひきやすい。
雨天時に身体のだるさを覚える。
食後に眠くなる。
倦怠感が続く。
ストレスがかかると、過食気味になり、その後体調を崩す。
不眠、肩こり、腰痛、片頭痛、胃痛、便秘下痢を繰り返す、
等の症状がある。

体表観察

顏色/艶少なし、白青黄、肝脾腎。
舌/胖嫩、淡白色褪せ、やや白膩苔。
脈/1息3半至。緩不足。関尺位に枯弦顕著。
腹/心下、両脾、臍下不仁、右大巨、両少腹急結。
ツボ/太衝、太溪、神門、心兪、厥陰兪、肝兪、胆兪、脾兪、胃兪、大腸兪、十七椎下が顕著。

治療指針

証/肝気欝結、湿痰血(おけつ)、腎虚
もともと脾腎の弱りが見受けられるが、肝臓の疏泄作用を強化することにより、他藏府の働きを改善する。
肝兪、太衝、三陰交、百会を中心におこなう。
適宜、必要な対処として、申脈、外関、太溪、照海、三里(足)、巨虚上廉、衝陽、心兪、肺兪、大腸兪、次(じりょう)等を使用する。

針灸房から

鍼灸治療は週2回のペースで継続し、63診目・2度目の人工授精で受胎を確認できましたので治療を終了しました。その後、2人目を希望されて再度来院され、最初の人工授精で受胎を確認。鍼灸治療は、同様のペースで行い、17診目で治療を終了しました。


コメントを投稿する




CAPTCHA