兵庫・姫路市の針灸治療院 山下針灸房
施術例

鍼灸施術0003 打撲

打撲【KN様 主婦 34歳 東大阪在住】

定期的に施術をしている患者様です。
日曜日朝、「さっきボールが当たって、5分くらい悶絶してました。何かいい方法はないですか」とのこと。

場所は、左側腹9肋骨あたりらしい。飛び跳ねても痛みの悪化はなし。患部に痛みあり。
大きな骨折ではないようなので、とりあえず「病院にいってもらうように」指示はする…。
応急処置として、第4趾の竅陰穴を患者様自身に調節をしてもらう。
幾分マシにはなったみたいである。
3日後、「まだ、内部に鈍痛が残っています。表面はいたくない」とのこと。

【針灸房の施術開始】
【患部】
熱感、腫れなし。皮下出血の傾向も見当たらず。

【体表観察】
舌、顏色、重要穴処にいつも違う大きな変動はない。
脉は、左関上にやや固い脉がある程度。


【施術穴処】
1. 竅陰
2. 百会、左肝兪

【経過】
2回の処置で緩解。あとは、体調管理の為の施術をおこなう。


【針灸房コメント】
最初の処置がよかったのだろう。竅陰穴を調節することによって、気がめぐり、血が停滞せずに快方に向かったと考える。
あとは、百会と肝兪でからだ全体のバランスをとるための調整をおこなう。


コメントを投稿する




CAPTCHA